ジーンズを履いた人

初心者はまず野菜苗から始めるのがオススメ

省スペースの菜園作り

スコップ

日本では、地震などの災害や台風などの影響で野菜が高騰することも数多くあります。そのため、家計を助けるために家庭菜園を始める人も多くいます。野菜を育てたいが、庭付きでないアパートなどで暮らしていて家庭菜園を始められないと考えている人もいるでしょう。しかし、ベランダやバルコニーなどの限られたスペースでも、野菜苗の家庭菜園を始めることはできます。狭いベランダやバルコニーでも育てられる、省スペース菜園向きの野菜苗をご紹介します。省スペース向きの野菜としては、まずミニトマトがオススメです。根が広がり、巨大化することもないので、フルーツの入っていた空き缶などでも栽培ができます。日の当たるキッチンスペースでも作りやすく、ベランダもない場合でも取り入れやすい野菜苗です。シソなどの半日陰で育つ野菜苗なら、日あたりがそれほど良くないところでも育てることができます。ペットボトルや牛乳パックを利用して、枝豆やハーブなどを育てるのも良いでしょう。省スペースでも十分に育てることができる野菜苗はたくさんあります。野菜苗での栽培に慣れて来たら、種から、はつか大根やカブ、ラディッシュ、水菜やベビーリーフなどを育ててみるのも良いでしょう。苗や種を扱う専門サイトでは、こうした省スペースで栽培できる野菜や育てるポイントを解説してくれるコラムを掲載しているところもあります。それらで紹介されている野菜から、栽培キットや野菜苗を探して購入しプチ家庭菜園を始めることもできます。